160110 書初め2016

今年も、妹の友人のこーじ先生のご協力により、
書初めをさせていただくことが出来ました!

昨年は作品作りに没頭しすぎてほとんど写真を撮れませんでしたが、
今年も先生へのご依頼品の準備で大幅に到着が遅れ、
写真はちょっと少なめ…。

でも今年も墨と和紙の魅力に包まれて、
皆さん熱心に作品作りに取り組んでいました。
言葉も自分で選ぶので、作品と作者を見比べて、
「へえ~~」とか「わはは」とか「なんで?」とか時には「大丈夫?」、
などの思わぬお楽しみもあります。

今年もマイペースで楽しそうなKさん。
これはとあるメッセージ。
すみません…。
画像


最後の「り」は「る」と書くつもりで間違えたそうですが、
これはこれでしっくりくるそうです。
画像


恒例の、下に敷いている新聞からピンと来た文字を書く方。
有馬記念には全く興味は無いそうですが、
この堂々たる文字とドヤ顔に、誰もがなぜか納得させられました。
画像


お仕事をがんばっているお二人の作品。
どうか健やかに生きてくださいね。
画像

画像


お子様連れの友人。
子育てと仕事といろいろ大変そうだけど、
ようやく家族でこういうとこに来れるようになったことに私が感動しちゃいました(T_T)。
画像

画像


他にも力作がたくさんあったんだけど、
自分のことで忙しくて、残せてなくて残念~~~!

さて、先生は今年めでたくご結婚されることになったそうで!
そこで無茶振りで彼女へのプレゼントを書いていただきました。
とても仲の良いつがいの鳥というような意味の言葉。
お幸せに~~~。
画像

画像


おまけで。
先生にご依頼したのは、こちらの和紙に「梅」または「咲」をアートちっくに書いて!!というもの。
画像


この紙は、先生がお手伝いしている和紙作家のリチャードさんに、
和紙作りの過程を体験させてもらった時にいただいたもの。
そこに、その日に咲いていた梅を押し花にして貼り付けました。
リチャードさんについてはこちら。
http://www.ntv.co.jp/burari/040124/info07.html

和紙作りの過程体験についてはこちら。
http://95097013.at.webry.info/201506/article_3.html

ご依頼品、どんな風に仕上がるかな~~~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック