テーマ:林業

スギ・ヒノキの雪起こし

記憶力が無いのでブログに書いて記憶に留めるつもりが、 継続力も無いので続かず、 記憶がどんどん薄れていくなんて…。 嗚呼…。 思い出深いことはたくさんあったのです。 11月 体験の森の講習で、枝打ち体験第2弾     紀尾井ホールでのペーター・レーゼル氏の演奏     恒例となった、玉ねぎの定植 12月 体験の森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり講習第6回

まずは体験の森のレポートを。 http://www.tomin-no-mori.jp/25moridukuri6-2.pdf 前回は台風のため2日目が中止になってしまいました。 その翌週、仕事柄、多摩地区の山林の台風被害を見て回ったのですがそれほど大きな被害は無く・・・。 と思っていたら、今回来てみるとここ、体験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり技術講習第5回

8月の第4回はお休みしてしまった森づくり技術講習。 9月の第5回は「ロープワーク・間伐」ということで、ようやく初きこり!と楽しみに馳せ参じました。 午前中の講義では、間伐の意義、種類、方法などを聞きました。 森の将来像を描くことで、植え方も育て方も変わってきます。 日本ではスギやヒノキを人工林として育てることが始まってか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり技術講習 vol.2 1日目

奥多摩都民の森の「森づくり技術講習」、第3回目を受講しました。 第3回目の今回は「下刈り」を習います。 下刈りは、木を植えた後5年~7年ほどの間、放置しておくと植えた木が周囲の雑草木に覆われて成長しにくかったり枯れてしまう為、真夏の、木や草がグングン伸びる時期に行う、カコクな作業です。 畑で言う草取り・草刈りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり技術講習 VOL.2 2日目

2日目は、体験の森に入っての作業です。 まずは今日の内容説明。 そして、作業のエリアまで上がっていきます。 最初の作業は、スギを植えたばかりの植栽地で行いました。 ここは前回、シカの食害を防ぐネットの点検をしたところです。 ここのスギは何とか生き残っていましたが、シカの被害は奥多摩では甚大になっています。 雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり技術講習 2日目

2日目は雨も上がり、実際に「体験の森」へ入り、今後1年間の講座のガイダンスを中心に歩きました。 お出かけの前に、のこぎり体験第2弾、ネームプレート作り。 楽しい♪ いよいよ森へ。本日の説明 体験の森は、森の様々な用途を実感するために工夫して作られています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩都民の森 森づくり技術講習 1日目

何年も前から気になっていたこの講習。 ようやく申し込みしました。 この講習の拠点となるのは「栃寄 森の家」という施設で、東京都が都民の森の整備と共に作り、今は奥多摩町が運営しています。 こじんまり、清潔で、居心地のよい施設です。 講師陣も東京で現役で林業に携わるエキスパート揃い。 ここで、1泊2日、がっつり講習します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植樹

自分の職場のイベントに、参加費を払って参加する私。 イベント準備に何日も費やしてがっつり働いてその上・・・。 ケナゲ? とはいえ、楽しい一日でした。 いつもは裏方だから、あんまり植えられないんだけど、何も気を回すことなく純粋に植樹を楽しめた。 うん、行って良かった。 イベントは「東京マラソンの森」とネーミングされた八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月17日は山の神の日

「山の神」といえば駅伝の神様のようになっていますが、1月17日は、山で仕事をする人たちが山の神様に安全を祈願する日です。 この日は山には入らないのが慣わしで、私の職場でも、この日は山での作業は行わずにみんな机仕事をしてました。 山の神様にお酒をお供えに行って、夜は宴会をします。 川の上流から下流まで、けっこう多くの山仕事の関係者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌研ぎ

以前にもちょこっと書いた森林作業ですが、時期的には少し遅いようですがまだ下刈りという雑草木の除去作業に時々出かけています。 それで、終わると行うのが鎌研ぎ。 もちろん生まれて初めての経験ですが、仕事の都合上一度に何本も研ぐので、我ながら少しずつ上手になってきました。 これをきちんとやっておかないと、次の作業の時にスパッといかずにイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下刈り

ひょんなことから?仕事で森林作業にちょっとだけ関わるようになって半年ほど。 畑の夏は雑草との闘いですが、人工林も雑木刈り(下刈り)の季節です。 植林した木々をより良く成長させるため、周りの雑木を刈っていきます。 畑でも思うことですが、雑草、雑木のたくましさといったら凄いものです。 あっという間に、植えられたものたちの背丈を追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植樹会

昨日は友人6人と奥多摩で行われた「植樹会」に参加しました。 都の緑化事業の一環で、スギヒノキを伐採した後の斜面に低木を植え、日照を確保するものだそうです。 自治会や地域の方々の他に一般参加を募集していたので、物好きな友人が集まって応募しました。 ヘルメットと軍手をつけて、ゴム長をはいて、いざ出陣。 斜面はかなりの急傾斜・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の神

1月17日は「山の神」の祭日だそうです。 今年1年の山の安全を願う行事だとか。 今年は17日が日曜日なので、昨日、仕事の後、お清めの会?がありました。 昼間のうちに数名が神社に祭られている山の神様にお参りしてお神酒をあげ、仕事が終わった後、そのお神酒を皆で頂きました。 で、あとは普通の飲み会。 今年一年、山で安全に過ごせま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山仕事

ひょんなことから、山での仕事をすることになりました。 スギやヒノキの人工林の「主伐」(全面伐りだすこと。育てるために間引きするのは「間伐」)をするための、土地の測量や毎木(木の幅を計る)をします。 戦後、国策としてガンガン植えまくったスギやヒノキ。 山を持っている人たちは、自然林を伐り、当時一本1万円で売れたこれらの木を、「孫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more